上尾

上尾の沿革

上尾市は埼玉県中東部にあり、彩の国中核都市に指定されている都市です。市域の歴史は中世以前まで遡ることができますが、中世当時までは農村地帯であったものの用水の確保が困難だったため、水田よりも麦などの畑作が行われていました。そのためあまり発展はしておらず、沿革としては停滞していたと言えるでしょう。
現在のような市に繋がる沿革の始まりは、江戸時代に五街道が整備され、その内中山道にある69の街道の五番目の宿として上尾宿が置かれたことです。その周辺にあった平方は荒川舟運の要衝として、原市は市場町として発展していきます。
この土地の沿革を語る上で欠かせないのは、1883年に日本初の私鉄日本鉄道が開通し、高崎線開通と同時に上尾駅が設置されたことでしょう。このことで上尾市の発展が進んでいき、明治末期には近代工業の先駆けとして製糸工場が建てられました。
1955年には上尾町・平方町・原市町・大石町・大石村・上平村・大谷村が合併して上尾町になり、1958年には市制が施行されて上尾市に名前が改まりました。20世紀後半には東京郊外の住宅地として発展する一方で、1960年代からは機械・金物・食品工場なども操業が始まり、工業都市としての下地が創られていったのです。その後原市にも団地が建設され、中規模都市として成長していきました。その後2001年にはさいたま市との合併を問う住民投票が行われましたが反対の意思表示がなされ、今では埼玉県の中核を成す市として名を連ねています。

 


上尾の観光

上尾は埼玉県中東部の市を指し、もともとは中山道に面する宿場町でしたが、第二次世界大戦後に工場が進出し、現在は住宅団地も増加しています。地形としては江戸時代に河川の付け替えが行われた荒川の左岸に接し、大部分においては大宮台地と呼ばれる荒川沿いの低地よりはわずかに高い地域に位置しています。宿場町の時代から「上尾宿」として名前が通っており、明治の時代になってからの上尾駅の誕生や、昭和になってからの基幹道路である国道17号線が開通すると、首都圏にも近い事もあり人口も増加をしました。特に昭和40年代には団地等が相次いで建設されるなど、急激な人口の増加がみられ、首都圏のベッドタウンとしての機能を持っています。
上尾市は昭和30年に3町3村が合併し、その後、市制施行により誕生しましたが、現在は人口も約22万人を数え、人口の増加とともに、郊外型の大型店舗などが多く進出をしています。
産業に関しては、もともとは農業を主体とした地域でしたが、住宅開発が進むとともに、多くの企業の進出も行なわれ、工場などが多くあります。特に自動車関連企業は多く、大手の自動車メーカーや部品メーカーも進出をしています。
上尾市には多くの観光スポットや文化財がありますが、特に、花に関しては市をあげて、様々なイベントが行われておりとても見ごたえがあります。それは、桜から始まり、花しょうぶや菜の花、また古代ハスまで数多くあります。全市に、各々のスポットがあり季節ごとに楽しめるために多くの観光客が訪れます。
上尾市は首都圏からも、とても近く交通の便も良いところです。休日などを利用して気軽に訪れて見てはいかがでしょうか。
上尾の観光ついでに上尾の風俗でも楽しみたいという方には上尾のデリヘルがお勧めです。埼玉デリヘルの中でも店舗の多い大宮デリヘル川越デリヘルに負けないくらいレベルが高いと評判ですので、上尾の観光で疲れた後には利用してみるのも面白いでしょう。


大宮台地や荒川低地がある上尾市の地理

上尾市の地理を理解する上においては、大宮台地を取り巻く河川の関係を調べることが欠かせません。上尾は武蔵国の足立郡に属していた地域であり、大宮台地の中心部にある氷川神社とも深い関係を持っていました。近世の時代には大宮台地を貫くように中山道が整備され、近代化以降には高崎線が整備された経緯があります。

 

上尾市の地理にとって最重要となる大宮台地は、関東ローム層が厚く堆積して形成されたものです。大宮台地の西側に広がる地形は荒川低地で、東側に広がる地形は中川低地であります。中川の流域には、かつての利根川本流の一部であったとされる綾瀬川が流れています。綾瀬川と見沼代用水が交差する地点は、都市化が進んだ上尾市にありながらも広大な農地が残る場所でもあります。

 

上尾市の地理を調べると山地や丘陵地はないことが分かります。西部の秩父地域よりは地質年代が新しいために、台地は十分に隆起をしていないためです。大宮台地は成長過程にある地形ですから、やがては山地へと成長する可能性もあります。

 

上尾市の西部を流れる荒川の河道は近代化以降に開削されたものですが、江戸時代初期にも同様な河川改修が行われました。1629年に行われた荒川西遷によって、元荒川筋を流れていた荒川は入間川筋へと落ちるようになりました。上尾市における荒川流域は、下流の東京都心部を水害から守るために河川敷は非常に広くなっているのが特徴です。開平橋の付近には横堤が整備され、樋詰橋などの冠水橋が多くあるのも治水のためです。